おうちのパン教室bake

【北九州市八幡西区⠀】パン屋さんで働いていた経験を生かした講師が教える、 初心者さんのためのパン教室。ベタベタしない簡単な手捏ねの方法で 自宅で美味しく焼けるように お伝えします。パン作りとともに素敵な時間を創り出すお手伝いができればいいなぁと思っています。

生地の捏ね上げ温度が重要な理由

 

パン屋さんで働いた           
 経験を生かした講師が教える


 2日経っても ほわっほわ食感のパンが

自宅で美味しく焼けるようになる

もう迷わないパン作り⸝⋆*    

 

「パン作りのなぜ?」がわかる!

てごねパン教室 Bake

                        ゆきです(*Ü*)

 

 

 

 

どうして捏ね上げ温度が重要なの❓

f:id:ouchinopain:20211020230348j:plain



こね上げ温度を確認しましょう❗

って聞いた事がありませんか?

 

なぜ捏ねた生地の温度を

わざわざ測るの?て思いますよね😅

   (↑コレ私のコトネww)

 

どんな生地でも焼く際に

生地温度が32~35℃付近にあることが良いとされているからなんですよ🌡

 

f:id:ouchinopain:20210416085151j:plain



捏ね上げ温度が違うと発酵時間が変わります

発酵時間が変わればパンも変わってしまうんです😱

 



 

パンを膨らませてくれる

酵母菌(イースト)というのは

温度にとても敏感なんだよ

 

 

生地の捏ね上げ温度で

発酵時間にも影響がでちゃうんです

(捏ねあがって完成した生地自体の温度)

 

 

なので

捏ね上げ温度をないがしろにしてしまうと

パン作りが失敗しちゃった😥😥

なんて事に繋がってしまいます

 

f:id:ouchinopain:20211020230443j:plain



 

種類によって

捏ね上げ温度に違いがありますが

 

 

どんな生地でも焼く際に

生地温度が32~35℃付近にあることが

良いとされています

 

これは  焼き始めから

5~7分の間にパンが伸びてほしいので

イーストが活発に働く32℃前後になるようにしたいので逆算して

 

 

捏ね上がりの生地温度は

26~28℃になるようにすると良いですよ

 

 

レッスンではなるべく皆さまに

理解して頂きたいので

分かりやすく説明しています

 

 

生地の温度も

確認しながらこねると

また1つ理解が増えて

パン作りがレベルアップして

確実に楽しくなりますね(。•̀ᴗ-)و ̑̑✧

 

 

でもでも

こだわりすぎてパン作りが

面倒になっちゃった~!なんてならないでね!

 

私も アバウトなのでww

いい加減でฅ"

コレ⬆️は  ちょうど良い加減でって事ね🍀

 

 

パン屋さんで働いた経験を

どんどん学べる てごねパン教室BAKE

 

 

真剣に学びたい方

レッスンでお待ちしています

 

 

パン作りレベルが

グッとランクアップしますよ^^

 

パン作りの成功は生地作り 
生地の状態をよくみてね♡
(こね終わり・発酵・見極めが大切)

 

f:id:ouchinopain:20210913170908p:plain

てごねパン  BAKE𖠿 .゜

yukinkopain.hp.peraichi.com

 

笑顔が増えるきっかけや

あたなの周りの人もHappyになれる

暮らしをもっと豊かにしていただければ

そんなパン作りとともに

素敵な時間や楽しい時間を過ごす

きっかけになれたら嬉しいなって

想いを込めてレッスンしています💕

大好きなパン作りを通して、

お一人でもたくさんの方にhappyになっていただきたいな💕

 

 

最後までお読み頂き

ありがとうございます^^*


f:id:ouchinopain:20210816153359p:plain